ご相談の流れ・よくある質問

ご相談の流れ

専門的な知識を持った
経験豊富なスタッフが、
お客様一人ひとりに合ったプランを
ご提案致します。

  • ご相談の流れ
  • ご相談の流れ
  • ご相談の流れ
  • ご相談の流れ

ご購入の流れ

  • STEP
    1
    お問い合わせ・ご相談
    まずはお電話かお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  • STEP
    2
    住まい探し
    ご希望条件をお伺いし、それに合った物件をご紹介致します。その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
  • STEP
    3
    現地見学
    気になる物件が見つかりましたら、実際のモデルルームや現地を当社の営業担当者と見学致します。
    ご購入されたい物件が見つかりましたら、再度、物件の周辺環境や間取り、設備、購入条件などを確認致します。
  • STEP
    4
    資金計画の立案
    物件探しと並行して、資金計画を具体化致します。
    物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについて丁寧に説明致します。
  • STEP
    5
    購入のお申し込み
    ご購入されたい物件と希望条件が決定致しましたら、売り主へ購入のお申し込みを致します。
    お申し込みは、書面で行うのが一般的です。
  • STEP
    6
    不動産の売買契約の締結
    宅地建物取引士から、購入物件に関する重要事項のご説明を致します。その後、売買契約のご締結をさせて頂きます。
  • STEP
    7
    住宅ローンのご契約
    住宅ローンをご利用頂く場合、売買契約を結んだ後、住宅ローンの正式な契約を結びます。
    契約前に金融機関と保証会社による審査を受け、融資が承認される必要があります。
  • STEP
    8
    お引き渡し
    お引き渡しの準備が整ったら、残りの代金をお支払い頂きます。同時に、売り主から物件の引き渡しを受けて、不動産の登記手続きを行います。その後、引っ越しをしてご入居となります。

リフォーム・リノベーション

  • STEP
    1
    お問い合わせ・ご相談
    まずはお電話かお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
    間取りや図面などがございますと、より具体的なアドバイスをさせて頂けます。より詳しくプランや金額を知りたいとのことでしたら、日程を決めて現場調査にお伺い致します。
  • STEP
    2
    現地訪問・調査
    正確なお見積書やより良いリフォームプランをご提案するために、当社専門スタッフが営業担当の者と現状の状況を目で見て確かめ、必要な箇所の寸法などを計測します。
  • STEP
    3
    プラン&お見積もり提出
    現場調査の際のヒアリングと現状をもとに、プラン案とお見積もりをご提出します。
    お見積書は工法や部位など分かりづらい箇所も多いので、できるだけわかりやすくご説明致します。
  • STEP
    4
    打ち合わせ
    実際に取り付ける商品や使用する内装材などを、カタログやサンプルを見ながら選んでいきます。
    メーカーのショールームもご案内しますので、実際に商品を見たり・触ったり・使ったりして、よりイメージを湧かせて、仕様を決めて頂きます。
  • STEP
    5
    最終プラン&確定お見積もり提出
    今までの打ち合わせをまとめた最終プランと確定お見積もりをご提出します。
  • STEP
    6
    ご契約・スケジュール確認
    工事期間やお支払い条件などを決定しましたら、工事契約を結びます。
  • STEP
    7
    施工
    ご近所への挨拶まわりをしてから、専門技術を持った職人たちが工事に入ります。
    現場の清掃も行いますので、ご安心ください。打ち合わせに沿って工事を進めて行います。
  • STEP
    8
    お引き渡し・アフターサポート
    工事完成後、お手数ですがお客様立ち会いのもと、最終プラン通りに工事がきちんと出来ているかご確認して頂きます。また同時に、商品の使用法やお手入れ法などをご説明します。
    お引き渡し後も不具合などがございましたら、何なりとお申し付けください。

よくある質問 よくある質問一覧 >

  • Q

    Q. インスペクションって何ですか?

    A

    A. インスペクションとは、「建物状況調査」のことを言いますが資格をもった方が行う「建物の不具合が無いか?」という計測・点検・調査のことです。 主な項目として  ・建物の基礎   ・外壁のひび割れ   ・雨漏り等の劣化現象   ・柱や梁等の構造体の劣化、不具合 等を目視、計測、器具などで点検・計測調査を行います。 これにより、耐震強度に不足が判明する等不具合があれば、修繕工事を明確に行うことで建物の寿命が延びることになりますし、瑕疵担保責任等を予め防ぐもとにもつながり、中古住宅を取引する時に売主も買主も安心できる仕組みです。さらに、瑕疵担保責任保険に入ることにもつながり、中古住宅の流通が増えるきっかけになると思います。 現代は、住宅にかける費用を節約したいという方も多くなっていますので、選択肢が増えることにつながり、良い制度だと思います。

  • Q

    Q.今、一番安い住宅ローンの金利は何%ですか?

    A

    A.平成30年5月現在、都市銀行の住宅ローンの金利で3年固定0.5%が一番安い金利です。10年固定の0.8%も魅力的です。 都市銀行の店頭金利では、変動金利2.475%、短期固定金利3年2.95%、固定金利10年3.30%etc・・・と様々な住宅ローン商品が紹介されていますが、弊社の信用とお客様の取引内容や勤務先・自己資金の額等によて『優遇金利』と呼ばれる割引を受けられます。そこで最大の優遇金利が受けられた場合、一番安い金利となるのが短期固定金利3年の【0.5%】です。(※条件によって更に優遇が受けられる場合があります) それ以外でも初期の費用を節約するプランや、病気の際に支払いを代わりに保険がしてくれるプランなど、弊社ならではのお客様に合った住宅ローンをご提案させて頂きます。住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランナーが親身になってご相談・ご提案致します。 ここ最近はネット情報等で様々な金融機関から出ている住宅ローン商品が過去と比較しても、かなり低い金利で借り入れ出来る状態です。是非、このチャンスを活かしてマイホームをご検討下さい。

  • Q

    Q:住宅ローンっていろいろあるけどよく分からなくて…どれが良いのですか?

    A

    A:そうですね。いろいろあって迷ってしまうと思います。 長期固定金利・短期固定金利・変動金利と金利の違いだけでも大きく3種類ある訳ですが、お客様のライフスタイルや資金計画に対する考え方で選び方も変わってしまいます。 当然、金利は低い方が良いのですが20年も30年も払うことを考えると支払額が後々増えていくのは嫌なものです。固定金利の良いところと、変動金利の良いところを比較検討する必要がありますね! 最近、銀行によってはミックスプランといって、固定金利で全額借りる、変動金利で全額借りるというプランではなく固定金利で3割、変動金利で7割借りるというようなリスク分散型のプランをお勧めしているところもあります。 また、ご自身の職業や勤続年数等によって、ローンの組みやすい銀行が異なります。 他にも中古や新築住宅を購入と同時にバリアフリーにするための工事費を住宅ローンに組みこむ事も相談可能です。 是非、「私ならどうなるのかな?」と悩んでいる方は一度ご来店ください。住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランナーが親身になってご相談・ご提案いたします!

  • Q

    Q:リフォーム工事でも税金が戻ってくるの?

    A

    A: はい。戻ってくるリフォーム工事もございます。 ◎バリアフリー化工事   ◎省エネ化工事 の大きく二つの工事が該当します。どちらも増改築にあたり、一定の基準をクリアする必要が有ります。また、新築の「住宅ローン控除」と同様に確定申告が必要だったり、登録住宅性能評価機関からの証明書が必要になります。 毎年、この控除額は見直しされたり、予算枠の都合で早く締め切られたりします。年度の切り替わり時期は制度の変更等が有る場合もありますのでご確認ください。 予め、利用する前提で準備をしなければ税金の還付が受けられなくなってしまいますので、早目にご相談下さい。 弊社はファンナンシャルプランナーがおりますので、様々なご相談・ご提案に対応致します。お気軽にご来店下さい。

  • Q

    Q.4月から義務付けられている「インスペクションに関する説明」って何ですか?

    A

    A. 「インスペクション」というのは「建物状況調査」のことです。 建築士等の専門家による中古住宅の建物状況調査を義務付けることによって、中古住宅の流通シェアを上げていこうという国の政策でこのルールが今年の4月1日より施行されました。 欧米諸国と比較して、我が国の既存住宅の流通シェアは極めて低く14.7%しかありません。これを上げることで空き家の減少につながることを狙っているのです。専門家の「建物状況調査」活用を促して、売主・買主の双方が安心して取引が出来るようにインスペクション=建物状況調査を行ったかどうかを説明する義務を私共宅建業者が負う訳です。インスペクションの実施自体が義務化される訳ではありませんのでご注意ください。